少し面白かった記事

http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-2804.html
黒い砂漠の衰退した様を指摘される記事
昔から運営とゲーム事情をボロクソに叩いてる自分としては非常に面白く読めた

変更後は主にライトユーザーを意識した作りになっているようだが、それが正しいかどうか一発で証明出来る方法がある
「果たしてそれで成功を収めた事があるか」
こう問いただしてみればぐうの音も出ないだろう
決してライトユーザーを切り捨てるという発想ではなく、そんな事しなくてもゲームを離れていくプレイヤー数に影響はねえよという話
ライトユーザーを意識した作りになればヘビーユーザーはやりこみ要素、競争性に欠けゲームを離れる
ヘビーユーザーを意識した作りになればライトユーザーはコンテンツを満喫できずゲームを離れる
大きく分ければこういう事

結局ライトユーザーにはライトユーザーのコミュニティしか持たないわけで宣伝効果も薄い
そういった意味では前者を選ぶ事に価値があるだろう
しかしながら、何故後者ばかり優遇される世の中になってしまったのか
これはユーザーにも少なからず責任があるのは間違いないと思っている

ライトユーザーはやり込みが少ないにも関わらずプレイヤーに意見を出す
そう、やり込みが少ないにも関わらず
一体どれ程ゲームをプレイして、どれ程システムについて頭を働かせ、どれ程考えた結果その意見が出てきたのか
パッと抱いた第一印象でああだこうだ語る前によく考えるべきである
第一印象が大事?
それは違う
第一印象「も」大事、だが長期コンテンツを目指す側としては第一印象は二の次に考えなければならない

さて、まるでアンチライトユーザーみたいになっているわけだが、決してそうでは無い
この場合のヘビーユーザーがあるべき姿は逆に意見を出す事
偉そうに語っているわけだが実際に運営に対してアンケートをまともに答える事はそう多くは無い
しかし、こんな小さいブログで訴え続ける事に何かしらの意味があるのではないかと思う

ヘビーユーザーというのは基本、郷に入れば郷に従うがスタンスだと思います
「つまらないならつまらないでいい、ヤメるだけだから」
こうして見切りをつけるだけで何かを求めるために行動するわけでは無い
肥えた層にも少なからず責任があると言える


プレイヤーが求めている物とは
他にも多くの意見があるのを理解した上で書くが、個人的には圧倒的に競争性があるべきだと思っている
それは分野問わずどのコンテンツでも同じ
多くの人間が競争をどこかしらで楽しんでいるのは何時の時代にも同じ
ライトユーザーは自分の位置をしっかりと理解しているはずだし、ライトユーザーの望みを叶えるためにギルドなどのシステムが存在している(いなければならない)
そこに運営が介入してしまう事は断じてならない

PKも同様運営の介入がつまらなくさせている
自身お人好しなのでPKが好きというわけではありませんが、えげつないシステムでも断然肯定しています
というのは純粋に面白いから
自分が殺されても(殺しても)面白い
レアアイテムを落とせば(拾えば)尚更笑える
そういう1つ1つの事象が刺激になっていると思うんだけどな
決して目に見える損失=マイナスでは無いんだよね
そこから得られる物はあるよ


運営はとりあえずテスターに拘るべき
ライトユーザー1万人の意見よりもヘビーユーザー100人の意見を重宝したほうが、良いゲームになると断言出来る
それこそLOL日本鯖にあたっての座談会とか良い試みだよ
いつまで「面白いゲームってこんな感じかな?」でゲーム作ってんだよ情けねえ
つーか韓国にペコペコ体勢が問題なんだけどね
最悪基礎だけもらって自由にいじれるようにしないと未来なし
誰か10億円下さい
起業したいです
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。