職の動き 久々の鉄鬼 マウス AimFlash

  • カテゴリ:蒼天
  • コメント:1件
  • トラックバック:0件
おはようございます
蒼天で周りの職が気になる
予想されるのは圧倒的間者の人気
CBTでは既にその兆候が見えていた
CBT終了後スレでは「PvPは間者」と書かれているそれを鵜呑みにするプレイヤーが多そうなのが非常に怖い
否定はしきれないが他の職でも使い方次第ではないか
戦争で2位取ってた人は剣士だったしなー

大きな特徴を持つのは間者と豪傑
間者の特徴は
行動力が高い
スキル使用時の行動力消費量が少ない
攻撃力が低いが攻撃速度が高い
体力防御は鼻糞

逆に豪傑の特徴は
行動力が低い
スキル使用時の行動力消費量が多い
攻撃力が高いが攻撃速度が低い
体力が凄まじく防御も中々

攻撃速度のメリットって何なんだろうか
1番に浮かぶのはKB率
通常攻撃でもKBは発生し、どこでKB判定が下されるのかは分からないが単純に考えれば多く殴れる=KB率が高くなる
KB発生してくれれば相手のスキル、無双キャンセルに繋がるしキャンセルされたほうのゲージは勿論消費される
そう考えると大きいだろう
後はHIT判定の早さ
攻撃速度が高い=HIT判定が早いと直結していいものかも考え物だが、これも普通に考えればそう捉えても良いはず
攻撃を当て易い、先手を取りやすいって意味でやはり攻撃速度は大きい存在なんだろうな

そうすると豪傑はサンドバックじゃないかと疑問を抱くかもしれないが、実際そうでもない
間者が豪傑に対し安易に近づこう物なら下手な場合2発で死ぬ
それほど間者の体力防御は脆く豪傑の攻撃力が凄まじいという事
つまりタイマンであればヒット&アウェイせざるを得なくなる
だがそこで活きてくる豪傑の素晴らしさは体力と防御
ヒット&アウェイずっとやっていれば勝てるというわけでもなく、結局削るのが遅ければPOTCT解除でPOT飲まれての繰り返し
行動力が高いと言えど間者にも限界はある
スキル撃つのに行動力を消費し、避けるのにも行動力を消費し、距離をとる為に行動力を消費し、そんだけ使えば行動力が枯渇するのは当然の事
ただ、豪傑は足が遅いのと行動力が低い為間者の行動力が無くなった時などに畳みかけれないのは残念な部分
豪傑が倒す方法は間者の切り込みに対しどう対応するかで決まる
間者が豪傑を倒す方法は相手に行動力を使わせて綺麗に回避し綺麗に打撃を入れる事で決まる
お互い真逆の特徴を持つ上記の勝負の最中果たして勝敗はどう決まるのか
ちなみにCBTでは豪傑にタイマンでボコられました
豪傑もああ見えてPSの相当必要な職である
というかPS必要じゃない職は無い
使い手次第で何でも活きるのは常識

蒼天のギルドどうしようかなと思ったが大人数でどこどこいくぞーっていう流れはもういいやって気分
何かダルそう
最悪1桁の人数以内で「俺らだけで拠点攻め落としにいこうぜ」って流れのほうが楽しそうで良いな
特にギルド入っておくと良い事あったかも覚えて無いし付き合ってくれる知り合いが居るならそんな感じで進めていこうかな
20人も30人も引き連れてそんなマネしても面白く無さそう


野良のレベルの低下が酷いと耳にしていた鉄鬼を久々にやるのは気が引けた
久々にやったがやはり笑いも無しに淡々とSRでぶち抜くゲーム
カチッカチッボーンの流れは変わらず爽快
そこが面白いと言えば面白いのであった


この前4gameでマウスの記事を見かけたのを忘れていた
そんななか,Razer USAのワイヤードマウス「Razer Naga」(以下,Naga)は,いわゆるゲーマー向けマウス(=FPS用マウス)と同じレーザーセンサーを搭載しつつ,「MMO向け」として,世に登場してきた。本体左サイドに12ボタンを搭載するという,一種異様な,ネタ勝負の一発屋的な印象も受ける本機だが,実際のところ,MMORPGで使ってみたらどうなのか。長期に亘(わた)ってテストした結果をお伝えしたい。

ネタ勝負wwwwwww一発屋wwwww酷い言われようだが仕方が無いwwwwww
12ボタンはやりすぎじゃないかと
でもマウスはかっけーんだこれが
002.jpg
自分の使ってるMX518と比べると格好良いね、うん
ちなみにMX518はロジクールの3000円程度のマウス
サイドに2ボタン
ホイールの上に1下に2ボタン
高機能というわけではないが基本的な機能は備わってるし正直自分は満足
大きさはG5より少し小さい程度


誰もが12ボタンもあったら押しにくいだろjk・・・とPCの前でポロッと溢してしまいそうな一品
勿論の事そこは対策済み
ただ,Nagaにはこの問題を解決するアイデアが用意されている。それは,ボタン上に目印として貼付できるシールだ。貼ったとき,ボタンの突起として機能する円状のものと,ボタンのかなりの部分を覆う長方形状のものが12個ずつ用意されており,ユーザーはこれを目印にできるというわけである。
 頻繁に使うボタンに貼るとか,指で探ったとき目印になるよう,互い違いに貼るとか,全部同じ円状シールを貼って,ボタン同士の間隔を擬似的に広げるとか,アイデアはいろいろだ。

 正直なところ,「こんなシールで何ができるのか」と思っていたのだが,数週間使い込んで,シールの配置を追い込んでみると,当初の使いづらさがなくなり,俄然押し分けやすくなった。これはうれしい誤算だ。本気で使う気になって試行錯誤すれば,道が開けてくると述べていいだろう。

これを読んでの感想はそんなもんでカバー出来るもんなのかと
4gameさんがそういうのであれば信じますがまあ僕には興味の無いマウスですね
後はマウスを握った時薬指の場所に突起があって指を引っ掛けやすい、置き易い形状になってたりする
確かにMMOプレイ時にボタンが多いというのは利点だろうが12ボタンは気色悪い


暇だったので久々のAimFlash
as5.jpg
HITをギリギリ70超える速度と80届くか届かないかくらいの速度の2つで試してみたが自分には後者のほうがやり易い
いや、グレートを出し易いのとスコアの安定性を見れば前者なのは間違いないが波の乗り易さと可能性を秘めてるのは後者だと思う
時々やると面白いね
中心を敵の頭に見立ててその後AVAやってみたけどやっぱり全く異なるもんだね
敵も自分も移動しながらのFPSと敵も自分も静止しながらのAimFlash
さすがにそう上手くはいかないもんだなあと自分の未熟さも同時に感じさせられた

ついでにまたロードオブメジャー
久々に聞いたら昨日はドップリはまった
雑草も僕らだけの歌も中々に名曲


スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。