ドラゴンバフの重要性は上がったのか

S5も間近
年を重ねる毎にLOLは大きな変化を遂げる
S1と比べると別のゲームではと言われるのもそう遠くは無いのか

論争を起こすのはドラゴンバフ
色々と考えてみたものの、安直に重要性が増えたとは一概に言い難い
推測の域にすぎないがlategameにしたい、チーム意識を高めたいという狙いがriotにあるのではないか
序盤から一方的になりがちな傾向が見える
それを削減するために、こういった形になったのではと

目立つのは1回目のバフ+8%ADandAP
一見えげつないが最大値の低い序盤では大きい恩恵とは言い難く、即効性を得られる物では無いという点
しかし後半までには確実に抑えなければ負ける
ここでドラゴンファイトの重要性を高めているように思える

ドラゴンを倒す回数を重ねる毎に倒している側はドラゴンを背負うのが厳しくなる
それは負けている側にドラゴンを与えるチャンスに繋がっている
加えて負け側は中盤に入る前に1回目のバフを手に入れる必要があるため、ドラゴンファイトの重要性を高めプレイヤーの意識の持ち方を変える必要性がある

タワー下でプレイヤーがバフ効果を得られるのも繋がっていると思う
タワーを放棄せざるを得ない状況を潰しに来ていると言うべきか、タワー下で持ちこたえれる要素を増やしているように見える

リバーのcreepだったりjunglerの進化だったり、プレイヤーに考えて計算して動く事を求めているのか
結局ドラゴンの重要性がどうのというよりも、在り方としては変わらないのだと思う
ドラゴンを倒せる時に倒す
重要性という点で言えば前も今も同じ話
結局は即効性を削りlategameに繋げ、チームとしての意識を高める事が狙いだったのではないかなと


にしてもLOLは本当変わりますな
先にドラゴン取った側はドラゴンは取る事よりも取らせない事のほうが大きいね
逆に言えば1回目を取れないチームは後半詰むと思う
前の仕様でも金差あろうが捲れる時は捲れるけど、今その要素は大きくなっているんじゃないのかな
考えれば考えるほど本当に良く考えられているゲームだよね
ただ、この狙いが上手くハマるとは思えない
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。