おっしゃるとおり!

http://barukanlog.blog31.fc2.com/blog-entry-5063.html
実に共感出来る記事

前回B&Sに触れた際書こうか悩んだのですが、グラフィックなんてのはどうだっていいのです
浅くて広い中身にうんざりしています
コンシューマーの話題で埋まってはいるもののPCにも大いに当てはまる話題でしょう
B&Sこそグラフィックに拘り中身は薄いのでは無いかと不安がよぎりますね
ただMMOでやり込むという要素を生み出すのは非常に難しいとは思います
MMOは元々仲間内でワイワイ楽しむという点が有ってこそ楽しいと思えるもので、この話にB&Sを出すのは間違いかもしれませんが、複雑な何かだったりグラフィックやコンテンツを求めているわけでは無いのです
もっとシンプルでいいんですよ
純粋にユーザーを楽しませるシンプルなシステムさえあれば良いのです
やはり自分の経験で言えば、R2だったり蒼天だったりは今思い返しても面白かったです

コンテンツ幅はかなり狭いはずですが数多くプレイしたタイトルの中でも長く楽しめた点とは何なのか
正直いくら考えてもこれという答えには行き着きませんが自由度かと思います
自由度というよりもフリーダムというほうが正しいかな
ユーザーが自由にプレイ出来るゲームと色々な事が出来るゲームの違いって感覚なのでしょうか

逆にやり込み要素とは何なのか
それはRTS,FPS,格ゲー等の技術向上という点に尽きるかと
シンプルで面白いやり込み要素がある
記事に出ているのとはこれまた違う話ですが、自己満足度という部分には通ずる物がありますかね
マンネリには縁の無い分野だけれども楽しめなくなったらそこで終わり
今後良いゲームが排出される事をただ期待するばかりですかね

RTSと言えば2月19日からGamepotが提供するコアマスターズが開始されます
MOBA,DotA系
何故最近DotA系という言葉は聞かずMOBAと耳にするようになったのか気になったので調べてみました

正式名称はMultiplayer online battle arena
コンピューターゲームにおけるRTSのサブジャンルで、プレイヤーが2つのチームに分かれ、それぞれのプレイヤーがRTSゲームの要領でキャラクターを操作し、味方プレイヤーと協力しながら敵チームの本拠地を破壊して勝利を目指すスタイルのゲームのこと。 一般的なRTSとの違いは、軍勢を操作するのではなく、ゲーム開始時に選択した「ヒーロー(またはチャンピオン)」と呼ばれるたったひとつのキャラを操作する、その「ヒーロー」はレベルや多種多様なスキル、武器防具、所持金といったRPGのような概念を持ち、RTSのユニットよりも幅広く成長するなどがある。(wiki引用)

先に説明しておくとDotA系という言葉はDotAという名のゲームが由来で有り、この分野に対しての一般的な呼称が無かった事から類似したゲームは全てDotA系と呼ばれるようになったと思われます
呼称が変わった大きな要因となるのがDotA1とその改良版であるDotA:AllstarsがBlizzardの持ち物でDotA2はSteamの持ち物であるという点ですね
では何故SteamはDotA2という名前で発表したのか
Vayne社(Steamの親会社)はIceFrog(DotAの生みの親)を雇用した所から始まり
「僕はこのゲームの大ファンだ!えっ、続編を作ってもいいの?素晴らしいね、さあやろう!」みたいなノリさ。
だそうです

発表を受けBlizzard社は当然商標権使用の申し立てをしたが、Blizzard社は商標登録をしておらず最終的に、Steamは商業的にDotAという名を使用でき、Blizzardは非商業的に使用できるが、当時開発中だったBlizzard DotAをBlizzard All-Starsに名称を変更するという和解に至りました
それ以降、商標権を侵すような場で「DotA」という用語は使用されなくなり、現在ではかつて「DotA系」と呼ばれたゲームやジャンルはMOBAと呼ばれるようになっているそうです
大方合ってると思いますが細かく気になった方はお調べ下さい

話は逸れましたがコアマスターズはプレイの予定です
残念ながら自分はCBTには外れましたがCBT当選者はシリアルコードを7個まで発行する事が可能で、シリアルコードをCBT当選者からもらう事でプレイが出来ます
3月1日には早くも公式オフライン大会を行うと公式で発表もあり、運営陣のやる気アピールも見受けられました
規模は1チーム4名先着16名までと当然規模が小さい物ですが、気が向いたら行ってみようかと思います
お友達は居ないので行くなら単騎でしょうかね
会場はアイカフェ秋葉原店
興味がある方は観戦枠も50名募集しているので行ってみてはどうでしょうか
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。