ArcheAgeプレスカンファレンス

  • カテゴリ:ArcheAge
  • コメント:9件
  • トラックバック:0件
当日まで非公開に行われたイベントに行って来ました

        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

青山迎賓館
随分とシャレた場所を会場にしたようで、サンダル等のラフすぎる格好は厳禁
何だか曖昧だけれどもキャップ被っていくのはさすがに問題無いだろと

関係者、参加者がある程度集まった段階で美人のお姉さんに案内され2Fへ
「ArcheAgeの世界へようこそ・・・」
扉を潜ると正面には長い耳・・・先は尖り鼻の高い・・・女のエルフが2人
謎の本?を渡されまるで今からディズニーのシンデレラ城アトラクションを体験して頂きますと言わんばかりの空気
俺はここに何しに来たんだろうと思いつつも誘導されるがまま外へ
お、ここはホームページにもあったプールの場所・・・え?
ヲリの格好した外人が酒飲んで騒いでる横で決闘しているヲリも居るしもう何なのこの空間
あれは見た瞬間「フフッ」ってなるよ
笑ってはいけない24時に出てる感じ

決闘しているヲリを尻目にもう一度扉を潜って会場へ
一体どこに連れて行かれるのだろうかと思っていましたが至って普通の会場でした
遠征隊長は14人その他関係者、メディアが大量
予想よりかは多い人数でしたかね

開始時刻になるとその場で演奏が始まったと同時に一眼レフ率wwwwww
いやいや何でそんなしっかりとしたカメラ普及してんのよwwww
まあ一眼かどうかは定かじゃないんですけど結構持ってる人居るのね

その後はXLGAMESのお偉いさんの挨拶から始まりマイクは野田プロデューサーへ
もうとっくに出ている件ですがCBT募集ページ
募集人数は1万人
隊長と隊員は?既に参加権を持っているようで、これでプレイ出来なかった人はどんだけ運が無いんだよと
まあ大抵垢売買の被害に巻き込まれるんでしょうけどね

プレミアムパッケージの予約開始
販売額は\4980
特典内容は
キャラクター先行作成権(初回のみの特典)
オリジナルデザイングライダー赤又は青 能力は中間だけど序盤から持てるのは大きい
記念コインセット 家具 特に需要無し
Lv20の制作装備セット 板金革布を全て
無限の想像 オリジナル画像をマントや船の帆に移植可能
1ヶ月プレイチケット
ArcheAgeワールドマップ(紙製)←WWwwwWw????www?wwww

お値段に関しては頑張ったそうです
わざわざ頑張りました!と言うんですから頑張ったんでしょう
まあプレイチケットとグライダーで買う価値ありですかね、というか自分は一応買い予定


ある船に火災が発生した。船長は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために、
イギリス人には 「紳士はこういうときに飛び込むものです」
ドイツ人には 「規則では海に飛び込むことになっています」
イタリア人には 「さっき美女が飛び込みました」
アメリカ人には 「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」
ロシア人には 「ウオッカのビンが流されてしまいました、今追えば間に合います」
フランス人には 「海に飛び込まないで下さい」
北朝鮮人には「将軍様が飛び込めと仰っています」
ポリネシア人…は、黙ってても飛び込む。「ヒャッホーーッ!」

日本人には 「みんなもう飛び込みましたよ」

こんなアメリカンジョークのコピペがあるのです
15年前にプロデューサーは耳にしたそうで、その時は個性が無いと日本人を皮肉った言葉に感じたそうです
ただサッカーだのを観ていると今はそんな事は無いだろう
そんな個性でArcheAgeを創造される姿を見ているそうです
美人のお姉さんから「もし私が飛び込む時はどんな言葉をかけると飛べそうですかね?」との質問には「野田が待っている」と茶番を交えつつ進行し声優の紹介

ヌイアン東
小山力也/川澄綾子
エルフ東
子安武人/大原さやか
フェレ西
小杉十太郎/真田アサミ
ハリラン西
保志総一朗/茅野愛衣

釘宮が居たら余裕の移動でした
茅野のましろも好きだけどましろちゃんは感情表現がへたっぴだから・・・

サービスモデルは定額制
多くの方にプレイして頂きたいという事を踏まえての金額を予定しているそうで、まあ高すぎず安すぎずって所でしょう
今後ファミリーマートやガルガンティア(アニメ)とのタイアップを計画しているそうです

イベント会場でも紹介のあった八谷和彦 個展「OpenSky 3.0 ー欲しかった飛行機、作ってみたー」
まあグライダーにかけまして・・・という話なんでしょうが、特にゲームとは現段階関係無さそうです
確か秋葉で行われる個展で興味ある方は行ってみてはどうでしょう

ArcheAgeの原作小説が電子書籍で発売!
ちなみに1巻上だけもらえました
ど・・・どうしろと・・・
後は割としっかりめな箱に入ってるペーパーナイフとボールペン
まあ堂々とゲームキャラクター書かれまくったタンブラーとかもらうよりかは実用的で何倍も良かったね
いやどこのゲームとは言いませんけど

このしっかりめな箱ってのが最初に受け取った謎の本?と勘違いしたものだったのです
まさか最初から最後まで手にしていて帰りに返そうとした物がプレゼントだったとはね
ボタン付いてんだけど磁石でさ、少し硬かったから接着剤でも使ってんのかと思ってさ
本とか言いつつブックカバー付いた木の箱って感じなんだよね
そんでArcheAgeの世界へ・・・とか言われた時には「なるほど・・・これは魔導書か・・・」ってなるわけでしょ

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)  あるわけないだろ常識的に考えて
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´    /
                /          \
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。