あ、うん

  • カテゴリ:S4League
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
またなんだ、すまない
そう、飽きたんだ

違うんだよなー
こういうゲームじゃないんだよなー
じゃあどういうゲームだよ(怒)
と言われましても・・・

S4Lの大きく残念な点は
回復,SPの存在
EUでは無限なのに弾数制限の有る日本
近接右クリをダッジした時の判定に疑問
etcetera

回復はちょっと必要無かったんじゃね?って気がしてならない
言ってしまえば好みではないというのが誰しも納得行く理由
そこに繋がる事として左右されるゲーム展開
小部屋で5,6人固まって回復を待つ
削られたら逃げて回復を求める
どっちがその中で質が高いか
どっちが回復が多いか
ただそれだけのゲーム

死ぬのを嫌がるか殺すのを好むか
自分は後者
1回死ぬまでに1回殺せば良い
よって好みでは無い

スタイリッシュ、アクションを売りにしていてそこに制限を付けるのは本末転倒としか言いようが無い
こっちはどうでもいい話なんだけどFadeStepとAirHuggingを混ぜた動きはスタイリッシュと呼べる
ただ前提条件としてシールドを装着しているという点からして開発側の想定外の小技だよね
元々スタイリッシュの欠片も無いんですよ


弾数制限は悩まされる問題
全部の弾が尽きてわざわざ回復してくれる人が居る中敵陣にあえて突っ込んで死ななければならない事もしばしば
これがEUと同様であれば全く不満も何も無い
移植しか出来る事の無い会社がゴロゴロ居る中無駄にいじってんじゃねえよとは言いたい
要はそこを課金に利用したり1人の無双に制限をかけたりだの様々な思惑がある事でしょう
頭可笑しいんじゃないの


これはネトゲ特有の問題と言えど納得が行かない近接の右クリ判定
おっと近接が近づいてきてる、さてダッジで軽くかわして殺してやるかと思っていたのに倒れているのは自分だった
勿論ネットである以上ある程度のズレが生じるのは当然
ただ納得は行かないねというお話


まあ辞めるとは言わないけどぼちぼち撤退の予感
後は8月1日から愛知で電話とかと何日滞在するか分からないオフ会だし8月3日からガンダムのThird始まるし大会に関してはどうしようかなと
優勝する自信は無いし決勝に行くだけでも運要素大きいと思う
まあ日程だの見たり気分次第で決めよう
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。