練習中

  • カテゴリ:S4League
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
S4L練習中でございます、ええ
そんな事しなくてもフラグトップ程度ほいほい取れちゃったりするんですけど、昔からブログに書いてる事がありましていくら評価されようと結果残そうと延々と井の中の蛙
ゴール何て無いんですよ


動画
というわけで今日から小技の練習
やってるのは「Fade Step」と「Air Hugging」
元々リボSGってスタイルを取っていたし忙しい操作やってるのって楽しいしでもってこいなわけですよ
正直wikiに書いてある事をこんなチャチなブログでやってもねえとか思うけど、感想としてね、受け取ってね
先ずKEY配置
配置を一部変更して
ジャンプ-SHIFT
アクション-SPACE

シフトにジャンプを置くのは初めての試みであたふたしてます
アクション-Vも試してみたけど確かに出来なくは無い
ただFadeStepに限定されてしまう点を考えると厳しい
わざわざジャンプをSHIFTに変更したのも同上
FadeStepとAirHuggingを組み合わせる場合シフトがアクションというのは非常に厳しい点になる

それを回避する簡単な手立てとしてはマウスのサイドボタンに武器切り替えを割り当てる事じゃないのかと
ただDeathAdder勢なので諦め
サイドボタンは甘えという事で・・・
以下
SG-1
リボ-3
シールド-SHIFT
ジャンプ-SPACE

先ず動画のアーケード挑戦モードでやってるのがAirHugging
普通では撃てない速度でリボSGを撃つ
wikiでは撃つ→シールドx2→武器変更→撃つ→シールドx2→武器変更という手順で紹介されてるけど、自分がやってるのは撃つ→シールドx1→武器変更→シールドx1→撃つ→シールドx1→武器変更→シールドx1をループ
もしかするとFSとAHを組み合わせた上で実践を行う場合前者の手順でならないといけない理由が存在する可能性もあるからその時はその時で修正しようかなと
実践で行おうとした場合に壁になってくるのがやはりAirHuggingだと思う

ステⅡで最初にやってるのがFadeStepの銃無しをゆっくりと素早く
シールド→移動(左右)→ジャンプ
ジャンプしてからダッジをしているかのような動きになってるのが特徴

その次にちょっと遊んでるのがFadeStep→ステップ解除→ダッシュ
シールド→移動→ジャンプ→シールドx2→Wx2
FadeStepを空中シールド2回で解除してからダッシュ
特に需要を感じるわけでは無いけども実践で織り交ぜて行ければなと

線路辺りの高低差利用してるのがFadeStep→AirHugging
ただStep入れた後に撃ってるんですけどね
どちらでも行けると思いますけど
シールド→移動→ジャンプ→左クリ→シールド→1→シールド→左クリ
(SPACE→D→SIFHT→LEFT→SPACE→1→SPACE→LEFT)
これを1秒でやる感じ

その次のがFadeStep
時々普通のダッジで撃ってるけど逆に不規則性があって良いと思う
あれは撃った後即FadeStepを入れるかどうかでFadeStep後普通のダッジが出るかどうかの違い
要は滞空時間が長さ故コマンドが認識されない的な問題じゃないのかな
本当微妙な時間だから状況状況によって

難しく見えるかもしれないけど上記の段階までなら楽だと思います
まあ時々野良で練習してるけど実線に出すには到底早いレベルのゴミ状態なのが現状
FadeStepのみに絞れば問題は無いけどね
やっぱりAirHugging混ぜるのが難点

マウス買うか・・・いや甘えだ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。