聞き苦しい

外国人の持つ日本人とは違う感性に惹かれるのもまた日本人特有の物なのだろうか
何をやらせても否定から入り言い訳ばかりとそんな日本人を心の中で見下しながらも同じ日本人であり同類であると反省させられてしまう
何を急に語りだしているのか
外国人もきっと同じなんだろうなと思わされたLOLのお話

良く否定から入るのが特徴というのを耳にする
確かに思う
というのも事実今までの会話の中で「いや」から入る事が多いのが頭に浮かぶ
こういう心理的な話を考えるのは嫌いじゃ無いんだけれどもそういう人は反抗するのが好きな人間じゃないのか
反抗するのが好きというよりも認めるのが嫌いという人間と言ったほうがしっくり来るような気がする
直接的では無くブログ叱り何かを媒体として伝える事によって冷静に考えさせられると非常に良く思う
きっと直接言われてしまうとこれもまた「いや、違うと思うんだけどなあ」と否定的に入ってしまうのでは無いか

ただそれが日本人特有の物なのかと考えるとそれはまた違うのかもしれない
十人十色という言葉通り人の数程色が存在している中でそれは色の一つでしか無いのではと
LOLをプレイしていると見苦しい外国人も腐るほど居る
言い訳、責任を擦り付ける、戦犯探し
まるで俺はそんな人間じゃ無いと言えるほどに虚仮にしているけれども同じなんだろう
外国人は素晴らしいと安易に絶賛するのは間違いだ

でも何が不思議って例えば外国人のオーバーリアクション
身体を使って大きなリアクションを取るのは日本人からすると特有の物なんじゃないのかなと
それは多分見て育ってきた環境に左右されてる部分が大きいからなんだろうか
とかね
下らない事考えて毎日過ごしてます
いつだったか考え始めるとキリが無いという話を誰かにしたような気がする
手前で考えてた事と関連性ある事が頭に浮かびそこでまた関連性ある事が浮かびと
どういう経緯でその考え事が終わるのかも分からず
なら考え事が終わるのを意識してみようとしてもその時点で考え事をしてしまっているから終わる事も無く
何なんだこれは
考えれば考えるほど人間って気持ち悪いね
良く話が滅茶苦茶になるのはそんな所

LOLは相変わらず進歩無し
1550~1700をブラブラ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。